たくさんの専門店が存在する

>

専門店ならではのメニュー

捨てる部分を少なくする取り組み

世界的に、食品ロスが大きな問題になっています。
飲食店から出る食品ロスが多いので困っていましたが、専門店化することで、捨てる食材の量を減らせます。
専門店にすることで、使用する食材が限定されます。
たくさんの食材を使った時に比べて、3割ほど食品ロスを減らせると言われています。
飲食店を経営する際は、利益ばかりを考えていまいがちです。

しかし、食品ロスなど社会問題のことも意識しなければいけません。
たくさんの廃棄が出ているお店は、イメージも悪いです。
お客さんはイメージで、利用するお店を決める傾向が見られます。
悪いイメージのお店には、行きたくないと感じるでしょう。
変なイメージがつかないよう、食品ロスを回避しましょう。

高級な食材も使用できる

使用する食材の数が減るので、1つ1つの食材をこだわることができます。
高級な食材を使ってもいいですね。
たくさんの食材が必要なら、1つの食材にかけられる費用を抑えなければいけません。
ですがそれでは、自分が納得できる味を出せない可能性があります。
また高級な食材を使っていることは、アピールポイントになります。

興味を持ったお客さんが、次々とお店を利用してくれるかもしれません。
自分が納得できない味のまま、お客さんに提供することは絶対にやめてください。
お客さんも料理を食べて、違和感を抱いてしまいます。
納得できるまで、何度も食材や調味料を変えて研究しましょう。
専門店化して、食材にかける費用を増やしてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る